ノウハウ方法 - 公務員試験に受かるコツ【公務員面接試験一発合格講座】

ノウハウ方法 - 公務員試験に受かるコツ【公務員面接試験一発合格講座】

ノウハウ方法 - 公務員試験に受かるコツ【公務員面接試験一発合格講座】

私たちが行った指導事例を紹介します

 

ほんの一部しか紹介できません。
また、詳しくお伝えできないことをお許しください。

 

 

ノウハウ方法 - 公務員試験に受かるコツ【公務員面接試験一発合格講座】

 

 

大学卒業後、定職に就かずにフリーターをしていた人
そこまではいかなくても短い期間で民間企業を転々としてきた方、
また、社会人として長年働いてきたけど、どうしても公務員になりたい、と高齢で受験する方など、
新卒に比べて経歴が複雑な人はたくさんいました。

 

 

社会人経験をした後に、一念発起して公務員試験を受験し、
しっかりと面接試験でアピールして、合格を勝ち取る人も実際にたくさんいるのです。

 

 

その中には受験要項の年齢制限がギリギリで、最初で最後の受験のチャンスをモノにした方も何人もいます。
私はこれまで、たくさんの受験生を指導してきましたが、自分の経歴が複雑な受験生でも、
いくつもの内定を手に入れる受験生を何人も見てきました。

 

 

逆に、過去に面接試験で何度も落ち、
公務員への道をあきらめてしまった方たちにも数多くお会いしてきました。

 

 

いままで多くの受験生にアドバイスをしながら私が思っていたことがあります。
それは・・・

 

「公務員面接試験は難しくない。
原理原則を押さえ、面接試験で重要な公務員の心をくすぐる、
あるポイントを押さえていれば 面接官の心をつかんで合格をもらうのは簡単だ」

 

ということです。

 

 

これは都庁や横浜市などの規模の大きな自治体から、 町役場のような小さな自治体での試験にも共通する
公務員面接試験共通の大原則なのです。

 

 

確かに、面接試験ではいろいろな質問をされ、さまざまな項目についてチェックしますが、
この重要なポイントさえクリアしていれば87%は面接試験が済んだようなものなんです。

 

 

実際、普段からお付き合いのある採用担当者の方とお話をしていると、
この点を理解している方が、合格すべくして合格しているということを聞きます。

 

 

反対に、面接試験に落ちている方たちは、
評価ポイントに気付いてはいるけど、うまく表現できないまま試験が終わってしまったり、
もしくは、全く評価ポイントが理解できていませんでした。

 

 

せっかく、地域のために貢献したいと公務員を目指し、忙しい中で時間を確保しながら、公務員試験の勉強を全力で頑張っているあなたには、ぜひとも合格していただきたいとの願いから、

 

関東圏の市役所面接官の経験があり、面接試験に合格するツボを知る私が面接試験でどのように答えれば合格するのか?

 

と言う答えを教えることは あなたにとって有益ではないか?と考え、この教材を提供することにしました。

 

 

ノウハウ方法 - 公務員試験に受かるコツ【公務員面接試験一発合格講座】

 

 

巷では、
「面接対策なんてまったくしなくても合格した」
「対策本で過去の問答をチェックして、大学で模擬面接を一度ぐらいやれば楽勝」
といった話もネットやSNSなどで聞こえてきます。

 

ただし、ここには隠された事実があります。

 

こういった書き込みをする人たちのほとんどは新卒受験生であり、面接官から言わせれば
「うちは新卒を多めにとりたい」という試験状況のなかで、
どんぐりの背比べ状態の受験生のなかから、
たまたま面接官の目に留まった というレベルの人たちがほとんどなのです。

 

 

つまり、運 と タイミング がよかっただけなのです 。

 

 

こういった情報を鵜呑みにして、
「面接は運とタイミングだから、無難に面接をこなせば合格できるんだ」 などと、
SNSの日記などに書き込んでいたりする既卒受験生を見ていると、私はとても心配になります。

 

だって、せっかく掴んだ面接試験のチャンスにもかかわらず、
周りの情報に振り回されて、(しかも面接の答えを知らない受験生側のあいまいな情報)
しっかりとした対策をしないのはとても危険だし、
せっかくチャンスを掴んだのですから、もっと大切にして欲しいと思うのです。

 

 

世の中が好景気でも不景気でも、時代がどう変ろうと
公務員試験の 面接の本質を知り 、面接官は受験生の何を見て判断しているのかを知り、
そのためにはどんな準備が必要なのかを事前に知って対策をしておけば
どんなに倍率が高い採用試験だろうが、 あなたが面接官から高い評価を受けて合格することは可能です。

 

 

ですから、この面接教材はいつの時代にも通用する王道の方法なのです。

 

 

公務員試験の面接を受けるのは、一般の方にとってはなかなか無いことであり、
中身や試験の本質がわからない人がほとんどだと思います。

 

 

さらに、面接試験は正答がわかりづらく、
面接評価は面接官の独断と偏見で決められるブラックボックスのようなものですし、
まして、あなたが採用側の裏側の情報を得る機会などまずありませんので面接試験に対してとても不安になることでしょう。

 

 

でも、難しいことはありません。
公務員面接試験を突破するには、ポイントさえ押さえてしまえば簡単です。
こんなに簡単に内定がもらえるの?と思ってしまうくらい簡単です。

 

 

この教材の内容は、社会人受験生や、 就職浪人して、現在は無職状態で頑張っている受験生の方を念頭に講座プログラムを組みましたが、現役学生の方で公務員を目指している方でも、どうすれば社会人受験生に評価の差をつけて合格を手に入れるかを知ることが出来ますから、非常に有効なものだと言えます。

 

 

一般には合格しづらいと考えられている既卒、高齢、知名度の低い大学の人が
どうすれば合格できるのかについても、この教材でわかります。

 

 

 

妻子持ちの30歳代の受験生が、
契約社員として働きながらでも
県庁に合格できた方法とは?

 

 

私が以前、公務員試験の相談を受けた時の、思い出深いお話を紹介させていただきます。

 

公務員を目指していた吉田さん(仮名)は、私の友人の後輩で、
どうしても公務員試験に合格したいという勉強熱心な受験生でした。

 

公務員試験について悩みがあるということで、友人をたどって相談に訪れたので、私は悩みを聞くことになりました。

 

吉田さん 「はじめまして安達さん。ちょっと公務員試験のことで悩んでいるのですが」

 

私 「はじめまして、吉田さん。どういったことで悩んでいるんですか?」

 

吉田さん 「公務員になりたいと思っているのですけど、私でもなれるんでしょうか?」

 

私 「受験資格があればなれると思いますけど、何か具体的になりたい職種はあるんですか?」

 

吉田さん 「いや、とりあえず公務員になれればどこでもいいんですけど、大学を卒業してからだいぶ期間が開いてしまって、こんな自分でも合格できるのかなぁ?と、思って・・・。 派遣社員だった期間が長かったので、筆記試験に合格してもどうせ面接試験で経歴を見られて落とされるんじゃないかと不安になって、採用面接をされたことがある方に直接、本当のところを聞きたいと思って相談に来ました。」

 

 

 

こうして初めて出会った吉田さん(31歳:契約社員)。

 

いろいろ話をしていると、ある医療系職場の契約社員として、正社員を目指し3年ほど頑張ってきたけど、今の仕事では正社員の道は厳しい。結婚して子供も生まれたため、一刻も早く、地に足が着いた正社員として働く必要がある。ただ、せっかく仕事をするなら、安定しているということもあるが、公務員になって人の役に立ちたい、地域に貢献したい、という内容を熱っぽく語る吉田さん。

 

独学で勉強しているのだが、公務員試験のバイブルであるスーパー過去問をひたすら反復して、何とか筆記試験は合格ラインには達しているとのこと。

 

面接対策として、現職人事が書いた「面接試験・官庁訪問」 の本を読んではみたものの、何となくわかった気になっただけで、具体的にはよく理解できなかったと話してくれました。

 

独学で勉強しているので、公務員試験についての知識や情報も乏しく、予備校に相談に行ったら売り込みの営業をかけられて断れなくなりそうだし、予備校は新卒受験生がメインで、自分のような社会人受験生は少ないと思ったので、私に相談に来たとの話でした。

 

話をしているうちに、吉田さんに対して好感を抱いた私は、いつの間にか公務員試験について、そして面接試験についてお話をしはじめていました。

 

・一次試験と二次試験における採点の仕方の本当のところ。

 

・受験先を探す時の併願時の注意点、見るべきポイント

 

・期間が長い公務員試験勉強に臨む際の心構え

 

・予備校の効率的な利用方法について

 

・参考書や講座で必ず話のでる志望動機の本質について

 

・学歴、職歴と合格には全く関係がないこと

 

・公務員になるということはいったいどういうことなのか?

 

・公務員試験勉強は筆記対策と同時に、面接対策も進めておかなければいけない理由は?

 

・面接対策の為に自分で志望先を調べる癖をつけた方がいいこと

 

・絶対に口にしてはいけない併願状況について

 

・面接官と対等に話をするために最低限の必要な知識について

 

・・・等々、いろいろなお話を数回にわたりしました。

 

それから数か月が経ち、吉田さんから連絡が入りました。
なんと「一次試験に合格した」 と、おっしゃるではないですか!
それも二つも合格したとのこと。

 

 

 

私 「よく、独学で頑張りましたね」

 

吉田さん 「一次試験は、過去問をひたすらこなして、毎日毎日少しでも良いから時間を作って勉強に取り組みました。一次試験はマークシートで機械的に判定されるということだったので、あとは問題をひたすらこなすだけだと思い、頑張りました」

 

 

 

後から聞くと、私に公務員試験の内情を聞いて、
試験の全体像が明確になったので、不安なく勉強に集中できたというのです。 週末はもちろん、平日の夜もとにかく過去問を解きまくったと話をされていました。 こうして吉田さんは見事一次試験を通過して、二次試験に挑むことになりました。

 

それから1カ月後のある日・・・。
いよいよ二次試験の面接当日。試験が始まる45分前に試験会場に到着。試験会場には、たくさんのライバル受験生がいます。
適性検査、小論文、集団討論を何とかこなし、いよいよ一番不安な面接試験へ。面接試験には、40代前半から50代の面接官が数名。
緊迫した空気の中で面接は始まりました。

 

提出した面接シートを入念にチェックする面接官を間近に見ながら面接は進みます。吉田さんは私のアドバイスの通り、しっかりと自己分析をし、受験先に関する情報収集をしっかりとして、面接官の心理を理解しながら面接を進めた結果、話は思いのほか弾んで面接試験は終了したそうです。

 

あとは運を天に任せて帰途に着きました。

 

試験からしばらくたったある日、吉田さんが私を訪問してきました。
話を聞くと、なんと、面接試験に合格して内定をもらったそうです。 それも第一志望だった県庁に合格したとの事。

 

 

「おめでとう!」と私が声をかけると、吉田さんは安堵感でいっぱいの表情でした。 何もかもが初めての経験だった吉田さんはきっと緊張の連続だったのでしょう。 吉田さんは私にがっちり握手を求めてきて、過分なお礼の言葉を言っていただいたのでした。

 

私は吉田さんに
「これが終わりではないのです。これが始まりなのです」
と伝え、吉田さんの肩を叩いたのでした。

 

こうして吉田さんは、公務員試験の合格を勝ち取りました。 既卒でも、無職でも、どんな不利な条件でも しっかりと高得点をとれば採用されるのが公務員試験です。

 

吉田さんは今、公務員として充実した毎日を送り、 愛する奥さんと1歳になる娘さんと3人で幸せに暮らしているそうです。

 

 

 

私が話したことを信じて行動してくださった方の例をお話しましたが、 やはり結果を出していただくと大変うれしいです。

 

私はこれまで何度となく受講生から合格の報告を受けていますが、
みなさん合格が決まると、ものすごくいい表情をされているのです。

 

そして、「指導してくれてありがとう」 と言ってくださります。 この仕事をしていてこれほど嬉しいことはありません。

 

 

次はあなたの番かもしれませんね。

 

 

 

ノウハウ方法 - 公務員試験に受かるコツ【公務員面接試験一発合格講座】

 

私はこの教材を公開することにハッキリ言って大いに悩みました。
試験を行う側の面接官が、通常は表に出さないはず の面接官が感じる評価ポイントを公開してしまうのですから。

 

また、評価のポイントを公開してしまうことで、他の受験生や大手予備校の恨みを買ってしまう可能性だってあるのですから。

 

しかし、私はそういったリスクを犯してまでもこの教材を公開することにしたのは、予備校に通わず、独学で公務員試験の合格を目指した受験生の役に立ちたい、独学で勉強している努力家の受験生に一人でも多く合格していただきたい からです。

 

「公務員なんて、大手予備校に入って、 カリキュラムに沿って勉強すれば、
誰でも合格できるんじゃないの?」
と、思っている方。
現実はそんなに甘いものではありません。

 

 

私は仕事柄、たくさんの省庁や自治体から内定を得て、どこで働こうか悩んでいる受験生にもたくさんお会いしてきました。
有名大学を出て、現役で試験に合格し、官僚として霞ヶ関にデビューする学生もたくさんいらっしゃいます。
しかし、それ以上の数の 公務員試験で失敗した方 を私はこの目で見てきているのです。

 

 

公務員面接試験で失敗・・・

 

その失敗の95%以上は、本人が優秀な受験生であるにもかかわらず、
面接試験の準備ができておらず、面接試験当日に、自分をしっかりアピールできなかった人たちです。

 

 

面接で落とされることほど辛く悲しいことはありません。
あれだけ公務員試験の勉強を、連日連夜、頑張ってきたのにその努力も一瞬で無駄になってしまいます。
面接で落とされると、自分の人格を否定されたと勘違いしてしまい
普通の精神状態ではいられなくなる人も多く、自尊心もボロボロになってしまいます。

 

 

「何で落とされたんだ、何が悪かったんだ・・・」 と後悔してもしきれません。

 

 

公務員として働けなければ、また、不安定な生活に逆戻りし、辛く苦しい受験勉強の生活が待っています。
また1歳年を取り、来年の受験時には、さらに不利な状況になってしまいます。

 

 

そしてまた来年も・・・

 

ちょっと嫌なお話をしてしまいましたが、現実にはよくあることです。
私も採用現場でイヤというほどこういう方たちを見てきました。
ですので、あなたには失敗してほしくないのです。
このような公務員試験で失敗している人たちにはある一つの共通点があります。
また、その予備軍ともいえる方たちも最近増えてきました。

 

 

 

面接試験の正解をあなたに教えます

 

失敗している人たちに共通しているものは何か?
ズバリ「無計画な面接」 です。

 

つまり「面接官からの質問に対して無責任でその場しのぎの受け答え」になっているということです。
面接を受けることが、どういうことなのかを理解できていないのです。

 

「志望動機を聞かれたらこれを答えよう。自己PRを聞かれたらこれを答えれば大丈夫!」
この程度の準備で面接試験に臨む受験生があまりにも多いのです。

 

非常に無計画な面接試験の受け方といってもいいでしょう。このような状態では、いずれボロが出て、
面接官に「さっきの回答と矛盾するけど?」 と追い詰められるか、
適当なことを言う不誠実な受験生だ、というレッテルを貼られて不合格の評価 をされる確率が高くなります。

 

 

短い人生・・・
落第して、もう一年間、同じような試験勉強をするなんて時間がもったいないじゃないですか?

 

 

「趣味は合コンです」と答えても評価が上がる人がいる一方、
「趣味は音楽鑑賞です。クラッシックをよく聞きます」と無難な回答をしてもマイナス評価になるという人がいます。

 

 

その違いは何か?
面接官からは何が評価されるのか?

マイナス評価にならないためにはどうしたらいいか?

 

 

この教材でわかります。

 

 

 

せっかく最終面接までたどり着いたなら、面接試験で落第などせず、一発で合格して、豊かな公務員生活を手にいれていただきたい。

 

私が指導して関わった受験生には面接試験なんかで苦しんでいただきたくないのです。

 

私は過去に民間企業を含め、
面接や指導をした人は4,000人を超えます。また、公務員採用の面接試験に関する相談を受け、指導させていただいた受験生は過去400人を超えますが、私が大丈夫と判断し、試験に送り出した方は皆様合格を掴み取っています。

 

 

もし、受験生が面接で苦しむことになりそうな面接カードに対しては、
その受験生の将来を思い、その時は心を鬼にして厳しい事も言いました。
受験生と個別にお話して、面接カードに目を通せば、合格する可能性が高いかどうかは、大体わかるものなのです。

 

 

では合格する人と、落第する人 にはどういう違いがあるのでしょうか?

 

 

 

ノウハウ方法 - 公務員試験に受かるコツ【公務員面接試験一発合格講座】

 

 

それは「知っているか、知らないか」の違いだけです。
たったこれだけのことです。ほんの僅かな違いなのですが結果は大きな違いとなって現れます。
面接を受ける意味や、面接の本質について理解しているかどうか?
たったこれだけです。

 

以前、私が話を聞いた受験生で、立て続けに3つもの内定をもらったという方がいました。
しかし、彼が何故こんなに短期間で内定をもらうことができたかが理解できました。
彼は面接カード提出の時に、面接官が面接時に本当に聞きたい本質を全て完璧に書き込んでいました。

 

ほとんどの方はこれができません。
ここまでしっかりと内容を吟味して書いてくれるならば、面接官としては話は非常に早いのです。
また、公務員として必要な資質についても、評価のツボを押さえていて、面接試験は簡単に合格しました。

 

後日、この受験生にお会いした時に、
どうしてここまで面接官のツボを押さえることができたのか? を聞いてみました。
すると、彼の親戚が、とある自治体の採用担当者で、
その親戚から「面接試験の意味や面接官の心理を理解すれば面接試験は簡単だ」と教えられ、
その為には何をしたらいいのかを教わったというのです。

 

いかに、面接試験の意味を理解すること、面接官について理解するかが、
合格への早道か理解いただけたのではないかと思います。

 

あなたも、このテキストの内容を身につければ、
この受験生のようになれるのです。

 

 

ノウハウ方法 - 公務員試験に受かるコツ【公務員面接試験一発合格講座】

 

あなたが、この面接手法を身につけてしまえば、
面接試験で何を聞かれるかを心配し、不安になることはありません。

 

あなたの意のままに面接官から言葉を引き出して合格をもらうことができるようになります。

 

公務員試験で合格した人たちは、それまでの人生経験、社会経験の中から 面接試験の本質や、面接官から好印象を得られるテクニックを身につけてきました。
だから、合格する人たちはいくつもの自治体から内定を手に入れることができるのです。

 

この教材を手にすれば、そのテクニックがあなたのものになります。

 

いつまでも面接で受からずに、内定をもらえないでいるその他大勢の受験生をしり目に、
あなたは好きなだけ合格をもらうことだってできるのです。

 

志望する自治体から内定をもらって、春から公務員として働けるようになるのです。
この方法を知ったなら、面接試験においては、もうあなたに怖いものはありません・・・

 

 

 

ノウハウ方法 - 公務員試験に受かるコツ【公務員面接試験一発合格講座】

 

 

私どもの面接対策方法は以下のとおりです。

 

 

 

 

それでは、それぞれのステップを順番に紹介します。

 

ノウハウ方法 - 公務員試験に受かるコツ【公務員面接試験一発合格講座】

 

面接試験に合格するためには、 まず自分にはどのような能力があるかを知る必要があります。
知るということは、相手に上手く伝えるためにとても重要な意味を持っています。

 

また、面接試験をクリアするためには、単に喋りが上手になる訓練をしても意味がありません。
面接が苦手な人のほとんどが、単に話し方が上手になればいいと勘違いしています。

 

面接試験と日常会話は、同じようでまったく違うものですから、
面接のために自分がどのような人間かをしっかりわかりやすく説明するためにも、自己分析をする必要があるのです。

 

面接試験に合格するための自己分析とは、料理に例えて話をすると、食材を準備するという事に似ています。

 

考えてみてください。
料理をする前には、何を作るのかをはっきりさせ、冷蔵庫にどのような食材があり、
何を買わないといけないかという準備をしないと、
レシピどおりにすすめても、途中で材料が足りなくなり、作りたい料理が完成しません。

 

それは、面接試験においても同じなのです。

 

面接を受けるに当たっての準備ができていなければ、不合格になってしまいます。
まずは、面接に合格するために、自分の中にあるアピールできる素材を確認する ところからはじめましょう。

 

自分の中の素材を集めるというと、なんだか難しそうに感じられるかもしれません。
しかし、自分の中に潜む、人よりも優れた能力を掘り出すためのテクニックとして
この教材のプログラムの中では、○○と●●の2つを使っています。
この2つの課題をこなせば、あとはそれを常に意識するだけで、
溢れるようにあなたの長所やアピールすべき点が見えてきます。

 

面接が苦手な人の半数は、この自己分析方法を行うだけで苦手な面接を克服することが出来ます。

 

 

ノウハウ方法 - 公務員試験に受かるコツ【公務員面接試験一発合格講座】

 

自分のアピールできる素材がそろったら、次は面接官の心をつかむ○○を知るために志望先を分析していきます。

 

面接試験では面接官は、あなたを採用して、職場で活躍できるかどうか、役所に入ってから職場に馴染めるかを見ています。
そのためには志望先を知り、具体的にどのように活躍できるかを説明して、面接官の心を掴むアピールをしなければなりません。

 

面接試験で落ちてしまう人の多くは、県庁の面接試験でも、市役所の面接試験でも、村役場の面接試験でも、受験先や面接官に関係なく、自分の優れた点ばかりをアピールしてしまいます。

 

一つ一つ、受験先のことを調査・研究し、受験先の自治体はどのような方針で行政運営を行っているのかを知ることで、はじめて自分の中の何をアピールすればよいかがわかるのですが、不合格になる人はこれができません。

 

どこの自治体の面接試験でも同じところをアピールするしかないと思っている受験生は、「自分の強みはこれしかないから」と思いがちですが、強みを見つけることは実はそれほど難しいものではありません。

 

志望先の自治体を分析しなくても合格できる人 は、
よほど能力が高く魅力的な人か、たまたま受験先のニーズに合致した人ですが、
能力が高くない人でも、しっかりと受験先のニーズに沿った面接対策をすれば、
あなたも自らの手で合格を勝ち取れるようになります。

 

合格できない人は、相手のことを考えず、
自分のことを押し売りしてばかりだから、不合格のままなのです。

 

志望先を分析し、面接官の○○を知り、心を掴むための方法は、
簡単で精度の高い分析方法がありますので、
正しい対策方法で実践すれば、合格に近づくことになります。

 

相手のニーズがわかれば、
面接試験であなたがどのようなことを答えればよいかが簡単に解ります。

 

 

 

ノウハウ方法 - 公務員試験に受かるコツ【公務員面接試験一発合格講座】

 

最後のステップは、自己分析で得られたことと、面接官の○○を組み合わせます。
それを元に面接戦略を考え、実際の面接に落とし込んでいきます。
このことで、一気に合格・内定のレベルにまで到達できる面接対策が完成します。

 

ここで、はじめて、模擬面接に取り掛かるのです。

 

ですから、模擬面接をする前に、
まずは、第一ステップの自己分析をして
自分のどんなところが強みなのかをしっかりと分析してみてください。
つぎに、志望先の自治体をしっかりと調査・分析してみてください。
相手のニーズをつかむことができると思います。

 

私どもの面接対策は、
「1.自己分析」と「2.志望先分析」 の 2つを重視しています。
この2つが出来ていれば、あとはそれを使って、面接での高評価をもらえる答えを導くだけです。

 

面接試験が得意で、ことごとく一発で合格するような人は、これらが自然に出来ているだけなのです。
あなたも、この教材によって課題を順番にこなしていけば、しっかりとした合格する面接対策が出来るようになります。

 

自己分析と志望先分析がしっかりと出来ていなければ、
面接試験に合格できません。

 

逆に、正しい対策方法を実践していれば、
周りの受験生から羨ましがられるほど次々と面接試験に合格し、
数多くの内定を得られるようになります。

 

私どもの対策方法を実践した人は、
自分の強みがわかっていて、志望先のニーズがわかっているため 、
面接試験での評価が高くなり、合格するのです。

 

 

 

以上の3つのステップ の通りに面接対策を実践するだけで、
あなたも公務員面接試験を軽々とクリアできる面接力が自然と身につきます。

>> 公務員面接試験一発合格講座の詳細はこちら!
公務員面接試験一発合格講座 - 価格キャッシュバック

公務員試験に受かるコツ【公務員面接試験一発合格講座】

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME プロフィール ノウハウ方法 教材の内容中身 金額特典返金保証 購入者の結果評判 質問Q&A